無料パチンコゲームTOP ≫  パチンコ用語集

パチンコ用語集

パチンコ用語集

オンラインパチンコゲームでも使えるものを集めて見ました。

「シマ」
パチンコ台が通路を挟んで向かい合っている列のこと。

「止め打ち」
パチンコ玉の打ち出しを止め、余分な玉の減りを抑えたり出玉を増やすこと。保留が4個の時にリーチアクションが来た時などに行います。

「スタートチャッカー」
玉がここに入って初めてデジタルや役物を動かす事ができます。ここに玉がたくさん入る事が良い台の一つの条件です。

「信頼度」
リーチが大当たりになる可能性のこと。信頼度が高ければ、大当たりになる可能性が大きくなります。

「大当たり」
パチンコの目的。内部の確率判定をクリアすると大当たりとなり、たくさんの出玉を得られます。

「アタッカー」
大当たりした時に開く入賞口。機種により幾つかの形に分かれています。

「ハマリ」
大当たりが来ない状態が長時間続くこと。

「連チャン」
大当たりが連続すること。元は麻雀用語。

「オカルト」
根拠のない攻略法。偶然が重なり大当たりした場合に攻略法を発見したと思い込み、それを実践すること。

「役物」
物理的に大当たりを抽選する部分。羽根物に見られる回転体等。

「時短」
デジパチ等によくある機能で、デジタル部分の表示が早くなり、保留が早く消化される状態。確率変動中はほぼこの状態になります。

「確率変動」
特定図柄、主に1,3、5、7、9と機種ごとの指定図柄で大当たりした時に、次の大当たりの確率が高くなること。この状態になると、殆どの機種で大当り確率が10倍になります。
スポンサードリンク
Copyright (C) 無料パチンコゲーム. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。